妙に気になるムダ毛

私はあまりムダ毛処理には力を入れていません。
入浴中に気がついたらカミソリで剃るという程度です。
カミソリを使っても、今のところ肌荒れを起こしたこともないので、気軽に行っています。
でも、普段あまり気にしていない部分だけど、時々はっとするムダ毛があります。
それが、脚の甲と指のムダ毛です。

この部分の毛は妙に太くて、うっかり処理し忘れていると、太くて長い毛がいつの間にか目立ってきています。
私は普段は大体靴下を履いているから、このムダ毛が目立っても、それほど気にはなりません。
でも、たまにサンダルなんか履いてしまうと、玄関先で愕然とすることがあるのです。
これから外出しようという直前だから、わざわざ剃る時間もありません。
でも、脚が隠れる靴に履き替えるのも、コーディネート的に無いですよね。
大体そういうときには、指で引きちぎってしまいます。
太くて長いムダ毛は、ジミに抜くのが痛いです。

こういう経験をすると、隅々まで手を抜かずに処理しようと思うのですが、でもやっぱり、結局は忘れて同じことの繰り返しになるのです。
今年の夏は、失敗無しでしっかりムダ毛処理を行いたいですね!

眉毛の周りのムダ毛

眉毛の周りのモサモサしたムダ毛って邪魔ですよね。
私はいつも毛抜きで1本1本抜いています。毛抜きはお店で見つけたスイス製の高めのものを使っています。
特にクチコミなどで形とVIO脱毛は調べずに買ったのですが、後になってそれが毛がつかみやすいと評判の大人気商品だと知りました。
実際に毛がつかみやすいので気に入っています。
コツとしては、毛抜きを持っている方の手を動かすよりも、ムダ毛の周りを押さえている指を反対方向に動かすと、するっと抜けるようです。

ですが、正直言って面倒なのも事実です。
基本的に定期的に同じ部分の毛を抜くだけのルーチンワークで、時間が勿体無いような気がします。
腕とか脚みたいにエステで脱毛できればいいんですが、もみあげ脱毛というか目の周りはレーザー・光脱毛はダメなんですよね…。(失明のおそれがあるため)
ですから、眉毛の周りを脱毛したいなら、痛いと言われる針脱毛しかないのです。
お金と覚悟があればいつかやってみたいような、やりたくないような…そんな気持ちです。

ムダ毛処理のコツ

女性にとって、ムダ毛は悩みの種ですよね?体質でうすい人は本当に羨ましいですが、多かれ少なかれ誰もが気にする脱毛と頬のムダ毛の処理。皆さんはどうしていますか?私はムダ毛と戦い続けて、はやウン十年、様々な方法を試みました。その方法とちょっとしたコツをご紹介したいと思います。
 ◆脇
まず脇は、絶対に毛抜きで抜いてはダメです。薄い人はいいかもしれませんが、濃い人はやめたほうがいいです。抜くと次に生えてきた時、埋没毛ができてゴマ塩みたいになってしまいます。様々な方法を試みましたが、自己処理では、剃るのが一番です。でも毎日剃っていると肌が黒ずんできたりしますよね?だから、脇に関しては、医療レーザー脱毛が一番いいと思います。ノースリーブもへっちゃらだし、電車のつり革だって躊躇なくにぎれます!
 ◆腕・脚
腕や脚は、レーザー脱毛するにも値段が高いし、自己処理しやすい場所なので、私はもっぱらT字剃刀で剃っています。ポイントは、毎日剃らないこと。剃刀は肌に負担がかかるので、ちょっとのびてから剃るといいと思います。必ず、肌を濡らして石鹸や剃刀用のジェルなどですべりをよくしてから剃りましょう。剃った後は、乾燥するので、保湿を忘れずに!
 本当は、毎日ツルツルでいたいので、したいですが、お金がたまるまでは、自己処理頑張ります。

脱毛の周期

夏になるとムダ毛の処理に力を入れるようになってきますけれど、女性としてはやはり一年を通してムダ毛の処理について考えていきたいですよね。冬だからとはいえ、いつどんなときに、ムダ毛を見られてしまうかわかりません。
常にベストの状態を保つためには、季節を問わずにセルフ ブラジリアンワックス処理しておくべきでしょう。

そしてムダ毛はすべての毛穴から同じタイミングで生えてくるわけではありません。毛周期というものがあるのです。
ムダ毛が生えてきて成長をし、抜けていき、休む。
そういう周期があるのです。
このムダ毛が生えてから休むまでの周期を毛周期と呼びます。

この毛周期に合わせて、脱毛サロンでは脱毛の施術をするのです。
ですから、脱毛 おでこでサロンに通っている間は「毛抜きで抜かないでくださいね」という感じで言われるはずです。
途中でムダ毛を抜いてしまえば、毛周期が狂ってしまいます。
毛周期が狂ってしまうと、毛周期に合わせて施術しているサロンでは計画が狂ってしまうのですね。

サロンに通っているときは、毛抜きで処理しないように毛周期を狂わせないように注意しておきましょう。

痛みがあった針脱毛

今やのエステサロンでの脱毛の主流は光脱毛ですが、その前はレーザー脱毛、さらに、その前は針脱毛でした。今では針脱毛という脱毛方法は行われませんが、エステで脱毛をしてもらうと痛いというイメージがあるのは、この針脱毛がとても痛い脱毛法だった影響でしょう。

針脱毛というのは、毛穴のひとつひとつに針を刺し、電流を流して毛根を焼いて脱毛するという脱毛法です。毛穴に針を刺す際や、針に電流を流す際などに痛みを伴うため、痛みに耐えながら施術してもらう脱毛方法でした。そのため、エステで脱毛してもらうには、それなりの覚悟が必要で、脱毛後に店から出た時には、ふらふらになりながら帰る人も少なくありませんでした。

今、エステでの脱毛の主流になっている光脱毛は、脱毛時の痛みはほんのちょっと肌がチクチクする程度で、針脱毛の痛みとははるかに比べ物にならないほど、痛みがない脱毛法です。エステで脱毛するのに、エステでの脱毛はとても痛いと聞いているから、やりたくないと考えず、安心して受けてみてください。